鉄道用途向けにEN50155規格でテストされた12vUSBソケットの違いは何ですか?

2022-05-06
車の充電器、12v USBソケット、シガレットライターなどの製品をお探しの場合は、市場に出回っているこれらの製品のほとんどをすでに理解していることを意味します。あなたはそのような状況に遭遇したことがありますか?
  • コストを節約するために、ヒューズの省略、USBシェル用の鉄、PCB用の最悪の材料などの貧弱な材料が使用されています。これらの結果は、自動車充電器の入力端子が短絡している場合(コンデンサなど)、自動車充電器は保護できず、自動車のバッテリーヒューズを焼く可能性があるということです。 USBは錆びやすく、抜き差しに強く、耐用年数が大幅に短縮されています。車の充電器の内部温度が高すぎると、PCBボードが発火し、車の充電器、さらには車が焼ける可能性があります。
  • 職人技は非常に貧弱です。たとえば、正と負の端子は固定されておらず、信頼性が低く、PCBに溶接されておらず、導通を実現するために内部デバイスのみに依存しています。 USBには、溶接されていない固定脚があります。これらにより、一部のデバイスの接触が悪くなることが多く、これは良い面と悪い面があり、特に振動に耐性がありません。

もちろん、これらだけでなく、もっと悪い状況があるかもしれません。この場合、実際には、EN50155鉄道アプリケーション規格でテストされた12vUSBソケットを選択することをお勧めします。

まず、EN50155認証とは何ですか?主な側面は何ですか?

鉄道は200年以上の歴史があります。技術の継続的な進歩により、列車の速度は大幅に向上しました。乗客の安全性の向上と確保は、鉄道用途における重要なトピックです。しかし、どのようにして運転速度を上げ、乗客の安全と運用効率のバランスをとるのですか?これは、鉄道輸送事業者が近年非常に重要視しているトピックの1つです。

EN50155タイプの試験は、鉄道車両の電子機器の環境適応性試験、電磁両立性試験、電気安全性試験およびその他の試験項目を行うことです。 EN50155:2017は、鉄道車両で使用されるすべての制御、規制、保護、診断、およびその他の電子機器に適用できます。車載充電器がこのような信頼できる試験に合格した場合、それは単にその製品の品質が保証されていることを意味し、上記の問題は当然発生しません。では、主な側面は何ですか?

鉄道車両のすべての電子機器は、鉄道交通安全アプリケーションのニーズを満たすために、さまざまな高度、温度、湿度、衝撃、振動、サージ、電気的性能などの環境の違いに適応できなければなりません。安全な旅を確実にするために維持できるのは、高いレベルの安定性だけです。
  1. 衝撃と振動:EN50155で使用されている試験方法とその制限は、EN61373-鉄道用途-車両設備-衝撃と振動の試験に準拠しています。この規格は、自動車の充電器が衝撃や衝撃に耐えることができ、特定の環境での耐用年数を保証することができます。要件を満たすには、12v USB充電器を設計し、特別なショックマウントを取り付けて取り付ける必要があります。
  2. 温度耐性試験:低温-40°Cおよび高温+85°Cの環境での保管および使用の要件を満たす必要があります
  3. 交互の湿度と熱:EN50155規格で指定されている相対湿度要件は次のとおりです。自動車充電器は、30日間連続して75%の平均年間相対湿度と95%の相対湿度に耐えることができる必要があります。
  4. IP保護等級:IP67エンクロージャは間違いなく優れたソリューションであり、耐久性、防水性、防湿性を備えており、環境によって引き起こされる可能性のある障害を回避できます。車載充電器は、オイルミスト、ソルトミスト、導電性ダスト、二酸化硫黄などのさまざまな汚染物質にさらされる可能性があるため、耐久性を確保するために、これらの汚染物質の悪影響を排除するために、機器にはIP定格のエンクロージャが必要です。 。
  5. 電気的安全性能:12v usbソケットが重大な損傷を回避し、長期間正常に動作するようにするために、EN50155は、入力電圧範囲、入力電圧リップル、入力電流ピーク値など、これに関するいくつかの基準も規定しています。各カテゴリには明確な要件があります。
  6. 電磁両立性(EMC):EN50155規格のもう1つの主要な内容。 EN 50121-3-2規格に従って、車の充電器を電磁干渉または放射干渉から保護する必要があります。これは、車の充電器が特定のレベルの無線周波数干渉(RFI)を超えて放出しないことも規定しています。


この一連のテストの後、テストに合格し、認定資格を取得した自動車充電器と12vUSBソケットが推奨されます。